内装・設備

内装

ホームヴィジョンの建築・内装への取り組みをギャラリーとして公開しています

建築ギャラリー
新しい時代とともに、「建築」や「リフォーム」を取り巻く日本の現況は日々変化しています。また、近年建築関連の情報が増加しており、これまでにない枠組みで建築が語られるようにもなってきております。こうした状況の只中にあって、ホームヴィジョンでは「この先の建築」をどのような射程で捉え、実践するのかを重要な課題と考えています。
これまでのホームヴィジョンの建築への取り組みをギャラリーとして公開していきたいと考えます。

  1. 内装への取組

ホームヴィジョンの建築・内装への取組み

多様な、建築の制約条件のなかで誰にもわかりやすく、親しみやすい空間を作ることをポリシーとし、形態と色彩、素材をバランスよく組み合わせることで個性的なホームヴィジョンではリズムと広がりのある空間を提案してきました。
無機質的で単調な空間ではなく、オーガニックで明るく楽しい空間を構成し、落ち着いた空間や、いきいきとした室内や建築空間をうみだすことをめざしています。

建築ははじめから四角の箱と決まっているわけではありません。建築の形態は本来自由だと考えています。
ホームヴィジョンでは建築の外観や内装にもよくカーブラインを使いますが、建築の用途、機能、デザイン面からそれぞれの建築にふさわしい形態が見つかると考えています。

ちょっとした幾何学的な組み合わせでより有効に建物が利用でき、デザイン的な意味が生まれる場合もあります。様々な面から検討して建築の形態やデザインを考えていくように心がけています。

PAGE TOP